どういう場面?

 

 

こんにちは、

藤デザインの安藤です。

 

 

 

何年か前の話です。

その時僕は電車に乗っていました。

 

 

 

「次は〇〇駅、〇〇駅ー」といつものようにアナウンスがなりました。

 

 

 

僕は、座れなかったので扉の近くに立っていました。

 

 

 

「ああ、もう少しで〇〇駅か」と思い壁にもたれながらゆっくりしていると向かいのおじさんが動き出しました。

 

 

 

 

「きっとこの駅で降りるんだろうな」と思い何気なく見ていると、

当然足元に手を伸ばし、履いている靴下の上から4つ折りにした一万円札を取り出しました。

 

 

 

 

 

電車が駅に着くと、一万円札を手にしたおじさんは、周りを見渡し何事もなかったかのようにホームへ去って行きました。

 

 f:id:fujidesign:20170917030550p:image

 

 

 

 

んーー。

 

 

 

 

 

ミニマリストなのか、

オヤジ狩り対策なのか、

奥さんに黙ってコソコソっと持ってきたのか、、、

 

まぁ色々考えられます。

 

 

 

 

でも、靴下に一万円札を入れていたことよりも不可解なことは、取り出したタイミングなんですよ。

 

 

 

 

そのタイミングで切符を取り出したんならわかります。

 

 

 

 

 

 

一万円札って自販機にも使えませんし、なんなんでしょう。

乗越精算機ですかね?

 

 

 

 

 

でも、なんかちょっとカッコよかったんですよね。動きもスマートだったし、007のジェームズボンドみたいにスパイ的な、「みんな知らないだろうけどすごいことやってるぜ」的なかっこよさがあったんですよね。

 

まぁ僕には全部バレてるんですけどね。全部見ました。全部。

 

 

 

 

 

でも、僕の正直な感想は、トータルで考えても「なんかわからんけどカッコいいな」だったんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

「おっちゃん何やってんの?」という疑問はありましたけど、それを超越するカッコよさがありました。

 

 

 

 

でも、なんなんでしょうね。

そういう風習とかあるんでしょうか?

何か知ってる方がいれば教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな楽しそうだったので、将棋ってすごいなと思いました。