トンビアタック

 

 

こんにちは。

藤デザインのアンドウです。

 

 

先日、彼女とスパムおむすびを持って御崎の公園に行きました。

 

地上から高い位置にある公園なので、海が一望できます。

芝生やベンチもあって、ファミリーや老夫婦、犬の散歩できた方など「平和」という言葉が似合う昼下がりでした。

 

海に向かって丘を下る階段の中腹にとてもよいベンチスポットがあり、そこで食事を取ることにしました。

 

僕が先陣をきって、紙袋からラップに包まれたまだ暖かいスパムおむすびを取り出し、ラップをサッと開き、かじりました。

 

「我ながら美味しくできたな。」

 

そう思いながら食べ進めていました。

 

スパムおむすびって良いですよね。

「食事!」って感じの

オールインワン感がいいです。

携帯しやすいですしね。

 

Windows Surface以来の

「これさえあれば、何もいらない」

なんです。

 

彼女も同じように、おむすびを出して一口かじりました。

味わいながら景色を見ている時に、バッ!と茶黒い影が僕たちの間を駆け抜けていきました。

 

 

トンビです。

 

 

トンビがスパムおむすびを奪いにきたのでした。

 

欲張り目に作ったおむすびは大きかったので、一度の襲撃で奪うことが出来ず、スパムおむすびはウッドデッキの上に散らばりました。

 

 

f:id:fujidesign:20180329231059p:image

 

 

なんというか、

襲撃直後には、「驚き」「恐怖」などさまざまな感情が止めどなく溢れてきますが、一番強い感情は「イラっ」でした。

 

トンビに、食べ物を襲撃されたら人間はイラッとします。

 

「この野郎!」

「せめて一発で成功しろよ!」

って思いました。

 

何年か前にも坂越湾で、同じことがありました。友達たちとソフトクリームを海辺で食べようと、歩いて海辺に移動してる時に、

 

 

バサっ!

 

ってきました。

 

 

その時も、イラッとしました。

 

 

 

んー、

 

例えば、

地面にトンビがいて、鳥類特有のジャンプ歩きで僕に寄ってきたら、普通に食べ物をあげるかもしれません。

 

「かわいいな。食え食え」

 

って感じで、あげると思います。

 

 

それを、

 

バサっ!

 

と来られたら、やっぱり人間「イラッ」とするんですね。

 

 

ある意味、不器用なんだと思います。

そこに客観性が全くないんですね。

なんというか、人間を理解してないですし、自分の魅力もわかってない。

そんなリスキーなことしなくても、猫とか見てたら超賢い。

客観性がしっかりとある。

「ちょうだい」って感じで自身の最大の武器である愛嬌を使って寄ってきます。

それに比べると、傲慢だし、後先のことを考えてない。

かわいい感じでやってみて失敗したら、奪うくらいでいいと思うんですけど、その勇気が出ないし、方法を知らない。

本当に飢えてたら仕方ないんですけど、虫とかネズミとかいるでしょう。

 

結局、楽なんだと思います。奪う方が。

全くもって卑劣な発想です。

 

まぁ、人間が自然を奪ったと言えばそうなんですけど、今に始まったことではないですし、人間なりのサバイブの結果がこうなだけなので、そっちはそっちで考えてくれよと思います。

 

「他の種の生物同士が仲良くなることは、こんなにも難しいのか。ていうか、そっちはやる気ないじゃん。」っていう感情も含めて

 

 

「イラっ」

 

 

っとしました。

 

 

まぁ要するに、

僕が作ったスパムおむすびは、人間の味覚を超越したとんでもない魅力があるということです。

 

 

まさしく罪。

 

 

ギルティです。

 

 

 

というか、スパムの魅力。

 

 

 

 

 

 

おわり

 

ps

その後、トンビは3回目のトライで無事スパムを拾い上げていました。

ところが、拾い上げた瞬間、空中で2羽のトンビに襲撃されていました。

その横では、トンビとカラスが喧嘩をしていました。

 

きびしいな。

 

と思いました。

結局、トンビに視線も奪われ、景色に目を向けることはできませんでした。

 

 

 

好きなブランド

 

 

こんにちは。

藤デザインのアンドウです。

 

 

今回は、

僕が好きなファッションブランドを紹介します。

 

(はじめに言っておきますが、あやしいセールスではないです。ただただ、紹介したいだけです。)

 

 

 

僕はあまりファッションにお金を使う方じゃないですが、これらのブランドのものはたくさんほしいと思ってしまいます。

 

それくらいブランドに魅力を感じております。

 

では、いってみましょう。

 

 

 

1つ目

swatch (スウォッチ)

https://www.swatch.com/ja_jp/

 

これはスイスの腕時計のブランドです。

シリコン製のカラフルで遊び心満載のおもちゃのような商品が多いです。

僕がいつものように巻いているオレンジの時計もこのブランドのものです。

 

「これ世界で何人が買うねん!」

 

という振り切ったデザインの時計が多いです。

いいね。チャレンジしてる感がいい。

 

あと、シリコン製なのに高いっていう。

いいね。絶対デザインとか広告にめっちゃお金かけてるやん。

 

 

ファッションをトータルで考えると、「これはどう合わせるの?」っていう商品が多いので、なんだかんだシンプルめのものを買ってしまいます。

 

でもそんなことは本当に本当に小さな問題なのです。

使う使わないべつにしても、欲しい商品はたくさんあります。たくさん買って、コレクションケースに入れて家に飾りたくなります。

 

商品ファッション小物というより作品に近い感覚です。

 

だからといって、全部の商品が僕の好みってわけではありません。

中には、すごく嫌いな商品もあります。

 

でもここまでswatchを好きになるということは、本当にこの”ブランド”が好きなんだと思います。

 

 

ブランドというものは、余白です。

実態はありません。認識です。

点や線を用意して、面に見せる これこそがブランディングです。

言葉で「時計を楽しむ」というブランドテーマを伝えたところで、商品や広告が伴っていないと伝わらないわけです。

 

話が脱線しました。

 

 

なんせ、swatch 良いです^ ^

 

 

 

 

2つ目

Happy Socks(ハッピーソックス)

https://www.happysocks.com/jp/

 

 

こちらはスウェーデン発の靴下と下着のブランドです。

 

かなり、派手です。

 

カラフルだし、柄柄柄です。

 

このブランドは、

「靴下ぐらいはっちゃけちゃってもいいんじゃない?」

 

そういうブランドだと思います。

 

すごく シュッ! としたファッションをしてても、裾と靴の間は「ドッカーン!」「イヤッホゥ!」みたいな感じになります。インパクト強めです。

 

 

ハッピーソックスは本当に好きなブランドです。靴下だけでも7足くらい持ってる気がします。

 

まず、名前が良いですよね。

非常にわかりやすい。

 

機能もバッチリです。

生地もいいし、履き心地がいい!

 

あと、なんといっても

履けば気分が良くなります。

 

色使いも好みですし、柄のチョイスも本当に好みです。この前は、ビートルズイエローサブマリンとコラボしていました。

 

そういうとこもいい。

 

「おい!アンドウ、お前だから履けんだよ。派手すぎだよ。バカヤロウ。」と思われる方もいらっしゃると思いますが、

思ってたより、履けます!ほんとに。

 

履く前は、「派手すぎるかも」とか思うんですけど、履けば「イヤゥホゥ!」って感じで、そんな違和感なくモールのエスカレーターとか乗ってます。気がつけば。

 

 

 

是非是非〜^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、僕の好きなブランドの紹介でした。

 

 

 

最後にすごく適当にそれっぽいことを言ってお別れしたいと思います。

 

“人の夢は細部に宿る“

 

 

おわり

 

 

 

 

 

ドラエもんを変化させてみる

 

みなさんこんにちは。

あけましておめでとうございます。

藤デザインのアンドウです。

 

今回は、

ドラエもんを変化させてみたいと思います。

 

 

 

 

まずは、スタンダード

f:id:fujidesign:20180107184315j:image

これが僕の頭の中にいたドラエもんです。こちらに少し変化を加えます。

 

 

 

f:id:fujidesign:20180107184740j:image

 

見覚えがありますね。

ご存知アンパンマンと混ざりました。

ドラエもんよりも強そうです。

 

 

 

f:id:fujidesign:20180107185138j:image

 

目をうーんと離してみました。

 バカそうです。

 

お前はしっかりしてないと!

ダメキャラは二人いらないです。

ここぞというピンチの時に、留守にしてそう。徘徊癖がすごそう。

 

 

f:id:fujidesign:20180107190519j:image

 

よく見るとウサギのキャラクターが顔に寄生しています。

悲しい顔をしているお前は誰なんだ。

誰のどういう感情なんだ。

いつもどおり道具は出せるのか。

 

 

f:id:fujidesign:20180107184411j:image

 

思いっきりいきました。
こうなると完全に人ですね。
ただただ、いい道具をくれるいいおじさんです。

押入れで寝る際、何を考えるんでしょうか。

 

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分が上がらない服を捨てたら外出は楽しくなる

 

 

こんにちは。

藤デザインの安藤です。

 

 

 

僕は昔から買い物が好きです。

大学生時代は、300円均一の古着屋に出かけては、めっけものと絶妙な服をよく買っていました。

 

 

めっけものというのは、「これが300円!!」という破格の値段で売られているちょーかっこいい服のことです。

 

絶妙な服というのは、視点の違いで、とてもかっこいい服にもなるし、はたまた「んーギリダサい!」という印象の境界線の上にドーン!と鎮座する服のことです。

 

f:id:fujidesign:20170926013640p:image

 

 

 

小さい頃、給食でよく海藻サラダが出てきました。ドレッシングがいい感じにマッチしているときは、

 

「ん〜食感がプリプリしておいしい」

 

という感想になりますが、ドレッシングがかかっていない部分を食べると

 

「海くっセー!まじかよ!給食センター!」

 

となり、とても食べられるものではありませんでした。(今は好きです笑)

 

 

 

 

その感覚に似ています。

 

 

いわば、コーディネイトでドレッシングがかかっている側に持っていかなければ、ただのタンスの肥やしになるような服です。

 

 

 

僕は当時、チャレンジするのが好きだったので、絶妙な服をよく買っていました。

 

 

 

 

そのような服を買っては、「んー今日もむずいぞ」となり、90%くらいの確率で肥やしになるという経験をよくしていました。

 

 

 

 

 

僕には今彼女がいるんですが、彼女は自分が本当にいいと思うものしか買いません。古着屋に行っても、普通の洋服屋に行っても、

 

ほつれ、毛玉、生地感、丈、色味、、

 

など細かなところまでチェックします。

 

結果、あまり服を買いません。

そのおかげで本当に気に入ったものしか持ってないです。

 

 

 

僕も最近はその影響を受けて色々チェックするようになりました。

 

 

「いいシャツだけど、ボタンがダサい」

「いいアウターだけどファスナーがスムーズじゃない」

「いい古着だけど、ちょい伸びてる」

 

などなど、

さながら築地市場の寿司職人がマグロを見るように細かいところをチェックするようになりました。

 

 

すると、

僕も昔ほど服を買わなくなりました。

 

 

 

 

それに加え、

少しでも嫌な部分がある服はすぐに処分するようになりました。

 

 

 

 

 

 

結果、

タンスの中に心から気に入った服が占める割合が増えました。

 

 

 

 

 

すると、

嫌な服で外へ行く機会が減り、外出が楽しくなりました。

 

 

 

 

 

妥協をして受け取ったものは、自分への重しになりかねないです。

 

 

気をつけましょう!

 

 

 

僕はそれをも楽しめるような人間になりたいですけどね。

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

ps

でも、チャレンジは大切。

新しい表現が生まれるかもしれないから。

 

という割と幅のある価値観に滞在しております。

 

世の中のほとんどが白でも黒でもなくグレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう場面?

 

 

こんにちは、

藤デザインの安藤です。

 

 

 

何年か前の話です。

その時僕は電車に乗っていました。

 

 

 

「次は〇〇駅、〇〇駅ー」といつものようにアナウンスがなりました。

 

 

 

僕は、座れなかったので扉の近くに立っていました。

 

 

 

「ああ、もう少しで〇〇駅か」と思い壁にもたれながらゆっくりしていると向かいのおじさんが動き出しました。

 

 

 

 

「きっとこの駅で降りるんだろうな」と思い何気なく見ていると、

当然足元に手を伸ばし、履いている靴下の上から4つ折りにした一万円札を取り出しました。

 

 

 

 

 

電車が駅に着くと、一万円札を手にしたおじさんは、周りを見渡し何事もなかったかのようにホームへ去って行きました。

 

 f:id:fujidesign:20170917030550p:image

 

 

 

 

んーー。

 

 

 

 

 

ミニマリストなのか、

オヤジ狩り対策なのか、

奥さんに黙ってコソコソっと持ってきたのか、、、

 

まぁ色々考えられます。

 

 

 

 

でも、靴下に一万円札を入れていたことよりも不可解なことは、取り出したタイミングなんですよ。

 

 

 

 

そのタイミングで切符を取り出したんならわかります。

 

 

 

 

 

 

一万円札って自販機にも使えませんし、なんなんでしょう。

乗越精算機ですかね?

 

 

 

 

 

でも、なんかちょっとカッコよかったんですよね。動きもスマートだったし、007のジェームズボンドみたいにスパイ的な、「みんな知らないだろうけどすごいことやってるぜ」的なかっこよさがあったんですよね。

 

まぁ僕には全部バレてるんですけどね。全部見ました。全部。

 

 

 

 

 

でも、僕の正直な感想は、トータルで考えても「なんかわからんけどカッコいいな」だったんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

「おっちゃん何やってんの?」という疑問はありましたけど、それを超越するカッコよさがありました。

 

 

 

 

でも、なんなんでしょうね。

そういう風習とかあるんでしょうか?

何か知ってる方がいれば教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

ペヤング

 

 

 

こんにちは。

藤デザインのアンドウです。

 

 

 

 

 

 

今日は、一日中家にいました。

 

 

いや、一回だけ外に出かけました。

 

 

お昼にペヤングを買いに行きました。

 f:id:fujidesign:20170915022101j:image

 

なんか、たまに妙に食べたくなりますよね。最近はめっきりインスタント麺を食べないんですけど、たまに食べたくなります。

 

 

僕の実家はUFO派だったようで、いつも戸棚にUFOがありました。

UFOも好きなんですけど、濃いんですよねちょっと。食べたらながーいこと後味と香り残りますからね。

いい意味でも悪い意味でもクレイジーなんですよね。UFO。名前からしてちょっとクレイジーですよね。でも子供の僕にはちょうど良かったです。

 

袋麺の焼きそばも高確率で戸棚のラインナップにありましたね。

あれもずっと好きです。水加減焼き加減でけっこう味が変わったり、こう、好みにできるんですよね。

そういえば、ばーちゃんが作る袋麺の焼きそばがとても美味しかったです。水多め焼き少なめだったんですけど、なんか他にない味でしたね。何度か再現を試みたんですけど、マネできないです。無理ゲーでした。材料は絶対に同じ。不思議ですね。

 

 

ああ、

ペヤングでしたね。

 

恥ずかしながら、初めてペヤングを食べたのは本当に最近なんですよ。

あの時の感動はすごかったです。

 

ペヤングは他のインスタント焼きそばに比べて人間味があります。優しい感じがいいです。食堂です。濃すぎず薄すぎず、あの具。なんか揚げ玉みたいなあられみたいなやつ。あれがソースとマッチして良い感じに食欲ブースターになります。

 

レースゲームで、光ってる矢印の上を通過したらすごくスピードがあがる  あの感じに似てますね。

 

テーブルのパソコンを少し横にズラし、

「パソコン見ながら食べよう」と食べ始め、気がついたらゴールしてました。

 

パソコンは一回も見なかったと思います。

 

「あれ、もう終わり?」

いっつもなります。

 

 

158円(税抜)

 

 

 

にしては安い。

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

デンジャー

 

 

こんにちは。

藤デザインのアンドウです。

 

 

 

 

先日、

10cmくらいのムカデに刺されました。

 

 

 

いつも起きる時間の一時間前に、

「うワー!」と叫んで

文字どおり飛び起きました。

 

 

 

 

頭に痛みを感じてからは、

水中から水面に引っ張られるように、すごい勢いで現実の世界に戻されました。

 

その電気信号の速度で意識が移動してる間に、「これはムカデだ」と気づきました。脳は優秀です。

 

うワー!と飛び上がり、パッと目を開け枕元を見ると、ウネウネっとさせながら枕の下に入っていく下半身が見えました。あのおぞましい光景は死ぬまで記憶から消えないと思います。

 

恐怖と怒りがカレーうどんのようにかけあわされたより強い感情を胸に僕は立ち上がりました。

 

立ち上がったmqどこに行ったかわかりません。

 

 

と、

書いている時に小さなムカデが僕の横をウネウネと歩いて行きました。

 

 

 

 

無事、退治してきました。

 

 

f:id:fujidesign:20170914014847j:image

 

 

みなさんも気をつけてください。

 

 

 

 

 

ps

刺された頭は大丈夫です。

ネットで調べた対処法が効果抜群でした。

 

41度以上のお湯で10分以上患部を洗い続ける

 

というものです。石鹸を使っても効果があるそうです。

ちなみに、水はNGです。逆効果だそうです。絶対にやらないように!絶対に!マジで。

 

刺された際は落ち着いて対処しましょう。

 

 

 

僕はムカデに刺されるのが4回目くらいなので比較的落ち着いて対処できました。

 

 

 

 

 

おわり